• 豆搜网 > 研究课题名
  • 研究课题名

    免费下载 下载此文档 文档格式:PDF   更新时间:2010-02-01   下载次数:0   点击次数:16
    文档基本属性
    文档语言:
    文档格式:pdf
    文档作者:present
    关键词:
    主题:
    备注:
    点击这里显示更多文档属性
    年度 研究课题名 开 终 始 了 蛋白质セラピー法と 18 20 医疗机器开 松井 秀树 バイオナノカプセルに 発推进研究 (ナノメディ よる持続性脳肿疡治 疗薬の开発 シン研究) 1) 抗EGF受容体抗体付加したBNCへ の抗癌剤ドキソルビシンの封入に成功 した.この薬剤は浓度依存的にガン细 胞増殖抑制作用を示した.2)光学异性 体型p53 C末端ペプチドを开発し,さら にエンドソーム破壊シグナルであるHA2 ペプチドを付加した.同ペプチドがガン 细胞内に高効率に导入されかつ肿疡増 殖を抑制しアポトーシスを诱导した.3) 新规中性子捕捉疗法の开発 ボロン剤 にポリアルギニンを付加し培养细脳肿 疡胞に导入されること,脳肿疡モデル动 物のがん组织に特异的に导入されるこ とを证明した. アルツハイマー病(AD)の特徴的な病 理所见変化は,老人斑と神経原线维変 化の蓄积であり,特に老人斑は认知症 の初期症状が现れる数十年前から蓄积 が始まる.本研究は,东北大学,国立 长寿医疗センター,东京都老人総合研 究所による多施设共同临床试験によ り,日本国内に特许のある benzoxazole 诱导体の [11C]BF-227と [18F]FACTを 用いて临床研究を行い,アミロイド·イ メージング法を确立し普及させる成果を 得た. 本研究では,疾患プロテオミクスによる 创薬ターゲット,バイオマーカー候补の 探索から,可视化机能解析までの绞り 込みを効率化しうる技术を开発した.本 技术は,近い将来,创薬研究を大きく加 速するものと期待される. THz帯での生体高分子やメンブレンの 分光学的特性を评価し,メンブレン上で の抗原抗体反応などの有无を非标识で 検出する试みは世界的に见ても新しい 试みである.また,高感度化のための 金属メッシュや干渉波形を利用したセン シング法およびTHz波光源の开発は,こ れらを実用化するために不可欠な技术 开発である.それらの研究により,国际 竞争力が必要な创薬のリガンド探査や 予防医疗のための自己抗体の検出な どが,未开拓电磁波であるテラヘルツ 波の新しい応用可能性であることを明ら かにした点は,本研究の学术的な成果 である. 抗ガン剤の脳肿疡细胞内导入に成功し ボロン剤投与と中性子捕捉疗法のため 连携施策群ナノバイオテクノロジー成果 蛋白质セラピー法(ポリアルギニンシグ たこと,さらにボロン剤の脳肿疡细胞へ のプロトコール作成を开始している. 报告会において成果报告した.内阁府 ナルによる蛋白质の细胞内导入)を利 の选択的导入を培养细胞とモデル动物 临床研究连携群会议にて本研究等をモ 用した,新しいiPS细胞の作成法が米 の両方で成功したことは临床応用への デルとしたトランスレーショナル人材育 国,独国の研究者らにより报告された. 道付けとして大きな成果である. 成について报告を行った. これにより蛋白质セラピー法の有用性 がさらに强く认知された.研究推进シン ポジウムを平成18,19,20年度に开 催した.
    原著论 文(件)
    その他 论文 (件) 英 文 等
    学会発 特许 その他 表(件) (件) (件) 出 愿 · 取 得 施 策 に 反 映 普 及 · 启 発
    研究事业 名
    研究者代表 者氏名
    専门的·学术的観点からの成果
    临床的観点からの成果
    ガイドライン等の开発
    その他行政的観点からの成果
    その他のインパクト 和 文 英 文 等 和 文 国 内 国 际
    3
    44
    0
    0
    40
    5
    0
    0
    1
    PETを用いた多施设 18 20 医疗机器开 谷内 一彦 発推进研究 共同临床试験による (ナノメディ アルツハイマー病の 超早期诊断法の确立 シン研究) と普及
    健康老年<軽度认知障害(MCI)アミロイドイメージングの多施设共同临 床试験や技术移転を行うためには超小 型の[18F]自动合成装置が必须である. 东北大学で使用している超小型[18F]自 动标识合成装置のプロトタイプを制品 化して, [18F]FACTの制造试験を老人 研と长寿研において実施した.本研究 で制品化した超小型自动合成装置で収 率よく[18F]FACTを合成することができ た.东京都老人総合研究所,国立长寿 医疗センターにおける[18F]FACT多施 设共同临床试験の実施する准备を行っ た.
    本研究をさらに将来に発展させるため, 放射线医学総合研究所で[18F]FACTの 临床试験を平成21年2月から开始して, 东北大学で得られた结果を検证してい る.さらに脳ドック検诊への普及と応用 を目指して财団法人脳神経疾患研究所 との研究打ち合わせをおこない,9月か ら[11C]BF-227を用いた临床研究を南 东北病院で开始した.既に20症例以上 の被験者でPETイメージングを行い,そ の有用性を検证できた.共同研究契约 を结び,平成21年度から脳ドッグへの 普及と応用を目指している. 特になし

    下一页